児童手当(じどうてあて) 児童扶養手当(じどうふようてあて)

今日は、児童手当と児童扶養手当について調べてみました。

「児童手当」(じどうてあて)という制度は何となく身近に聞いたことがあります。

これはとくに母子家庭だからというのではなく、

0歳〜15歳(中学校卒業まで)の子供がいる家庭すべてが支給対象です。

支給される金額(一ヶ月分)の詳細は、

0歳〜3際未満 15000円(一律)

3歳〜12歳(小学校卒業まで)第一子、第二子 10000円
第三子以降 15000円

中学生 10000円(一律)

となっていて、四ヶ月分づつまとめて年に三回、指定口座に振り込まれます。

これには所得制限があり、世帯年収が概算で96万円を超える場合、子供の年齢や人数に関わらず一人5000円の支給となります。

児童手当を支給してもらうための注意点は、

年に一回、住んでいる市町村から郵送される「現況届け」に記入し、届いた月末までに返送しなければなりません。

引越し等で住所が変わったり、離婚再婚等で名前が変わった場合は速やかに役所に届け出をしないと、支給されない期間が発生することがあります。

 

 

どの世帯でも受給できる児童手当の他に、「児童扶養手当」(じどうふようてあて)という制度があります。

母子家庭や父子家庭を対象とした支援で、死別や離別等の原因を問わず支給されます。

対象となるのは

0歳〜18歳になった年度末(18歳になった後、最初の3月31日)までの子供を持つ母子家庭および父子家庭で、主に低所得者となってしまっている場合の支援策と言えます。

受け取れる金額は、ちょっとややこしいのですが、例を挙げると

子供が二人いる母子家庭で年収95万円以下の場合、月額47000円が支給されます。

また、本人が低所得者でも、収入のある親や兄弟等と同居の場合に限度額を超えると、児童扶養手当は支給されないケースがあります。