母子家庭の住宅手当(ぼしかていのじゅうたくてあて)

母子家庭や父子家庭で賃貸住宅に住んでいる場合、

家賃に対して手当が降りる制度があります。

母子家庭の住宅手当(ぼしかていのじゅうたくてあて)といいますが、20歳未満の子供と一緒に住むための賃貸住宅の家賃を月額10000円以上払っている場合に支給されます。(父子家庭も同じ)

支給される条件は他に、

賃貸住宅は民間のアパート等でそこに住民票があり、6ヶ月以上住んでいること。
扶養者(親)の前年の所得が児童扶養手当の所得制限限度額に満たないこと。
生活保護を受けていないこと。

となります。

この制度は各市町村独自の物なので、市町村によって内容が異なる、あるいはこの制度を持っていない市町村もあるので、お住まいの役所に問い合わせる必要があります。

平均して5000円から10000円くらいが多いようです。

 

また、住宅手当とはちがうお話ですが、

市町村によっては母子家庭を市営住宅などの公営住宅の申し込み抽選に優先的に扱われるよう制度としてもうけられているところがあります。