母子家庭の遺族年金(ぼしかていのいぞくねんきん)

お父さんが亡くなった・・・といったケースなどに当てはまる場合、

母子家庭の遺族年金(ぼしかていのいぞくねんきん)が受け取れます。

受け止め方としては、通常の遺族年金に「子供があるかないか」によって上乗せされる金額があるという解釈でもかまいません。

死亡した親権者の加入していた年金の種類によって受け取れる金額が変わります。

遺族年金の種類

遺族基礎年金

対象となるのは、配偶者が死亡し18歳未満の子供と同居している家庭です。
その際、配偶者の死亡後の年収850万円未満(または所得額665万5千円未満)であることが条件です。
子供が二人までは、一人につき22万6300円を基礎年金に加算します。
三人目以降は一人につき7万4500円加算されます。

遺族厚生年金

亡くなった本人が受け取るはずだった年金の約四分の三が受け取れます。
夫が亡くなり妻が受け取る場合は妻が死亡するまで受け取れます。
例外的に遺族基礎年金の資格失効から5年後に遺族厚生年金の受け取りが停止になる場合があります。

寡婦年金

亡くなった本人が保険料納付を25年以上行っていた場合、亡くなった本人が65歳に受け取る予定だった老齢基礎年金の3/4の金額が受け取れます。
支給対象者は、亡くなった本人と10年以上継続して婚姻関係にあった65歳未満の妻。
支給期間は妻が60歳から65歳までの間となります。

死亡一時金

遺族基礎年金を受給できる者がいないケースで、亡くなった本人の国民年金納付期間が一定以上あると、その納付期間に応じて12〜32万円の一時金を受け取れます。
亡くなった本人と生計を同じくしていた人で、配偶者や子供や両親などが該当すします。
死亡一時金であるため、まとめて一度だけ給付されます。