寡婦控除(かふこうじょ)

未婚のシングルマザーには当てはまらない制度なんですが、

昨日までに書いた中にもいくつかありましたね。

調べたらまだ見つかったので、寡婦控除(かふこうじょ)についても書きたいと思います。

 

夫との離別、または死別によって母子家庭となり、再婚していない場合に受けられる所得控除です。

子供の年間所得が38万円以下(アルバイト学生など)であり、母子の合計の年間所得が500万円以下の場合に「一般の寡婦控除」が受けられます。

「一般の」と違い子供が扶養家族(所得なしで母親に扶養家されている)である場合は「特定の寡婦控除」を受けられます。

以下に控除額を書きますが、その意味は、
『年間所得から寡婦控除額を引いてから税金を計算するので税金が安めになりますよ』
と言うことであり、控除額の数字がそのまま戻ってくるわけではありません。

一般の寡婦控除額 所得税あて27万円 住民税あて26万円
特定の寡婦控除額 所得税あて35万円 住民税あて30万円

税務署の確定申告に関する問い合わせ窓口などで問い合わせが出来ます。

また、会社勤めであれば、年末調整前に
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」
という書類に必要事項を書き込むよう会社から言われると思います。
その書類に寡婦であることや子供の所得の有無などを記入すれば、確定申告の手続きをしなくても税金が戻ってきます。