妊活とダイエット

肥満が妊活によくないことは「妊活と肥満」で書きました。

ところが、ダイエットも充分に注意しながら行わないと、

それもリスクの高い行為になってしまうと言います。

 

そこで、「リスクの高いダイエットとは?」 について調べてみました。

 

もともと痩せている人についてではなく、ダイエットによる急激な体重変化がテーマになります。

急激に体重が変化すると、体は「生命維持」のための働きを優先すると言われています。

そのため、生命維持に直結していない「生殖」に関わるホルモンの分泌などを後回しにしたエネルギーの使い方をします。

体内に少ししか残されていないタンパク質やビタミン、ミネラルなどを、生命維持に優先させてしまうのです。

さらに、低栄養の状態になりますと、免疫力も低下します。

感染症などにかかりやすく、当然妊娠しにくくなります。

妊娠に必要な血流が悪くなり、体も冷えがちになるでしょう。

ますます悪循環に陥ってしまうことが容易に想像できます。

 

 

おや?生命の危機を感じたら、子孫を残そうと性欲が高まる・・・という説がありますね。

それは心理的作用であって、健康な卵子や精子がすでに劣化してしまっている可能性があるので、

妊活」という観点では「生命の危機=妊娠」とは言いたくありませんよね。

 

では、妊活ダイエットの観点から、「どの程度の体型」を維持できればいいのでしょう。

その辺りは次回、書きたいと思います。