高齢出産 細胞の老化

高齢出産で一番問題となるのは細胞の老化となります。

どういうことでしょうか?

ここでいう細胞とは、卵子細胞や精子細胞のことです。

 

20代に比べ30代半ばになると、受精率、着床率ともに半分くらいに低下します。

30代半ばを過ぎても、20代と同じようにバリバリ働いてストレス過多な生活を送ったり、若いつもりで食生活などをおざなりにした場合、

血流不足や体の酸化をまねいて卵巣年齢が実年齢より高くなってしまったり、

卵子(原始卵胞)の数が実年齢に見合わない数に減ってしまったりすることもあるようです。

 

つまり、実際の年齢も関わりますが、若年でも細胞の老化が進む場合も考えうるということです。

 

しかしながら、このサイトでもそうですが、卵子や精子の老化という言葉を良く耳にします。

ではいったい、実際に老化してしまった卵子や精子って具体的にどういう状態なのか、

次回、ひも解いていきたいと思います。