高齢出産 細胞の老化の実態

高齢出産をテーマに書いています。

前回からの宿題になっていた「細胞の老化」の具体的な実態。

たくさんのサイトを調べてみました。

その中で納得できたサイトの1つを参考にさせていただきながら

話を進めていきたいと思います。


(この広告主様のHPから画像を使用させていただいております。)
(注:このバナーは広告主様のHPへはリンクしません)

 

私たちの細胞核と共存関係にある「ミトコンドリア」という細胞小器官があります。

ミトコンドリアは、私たちの細胞を動かすためのエネルギーを生産・配給するという役割を持っており、

心臓細胞の様な多くのエネルギーを必要とされる細胞だけでなく、

同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量が他の細胞に比べ10倍以上と多く存在しています。

そのミトコンドリアが、酸化や加齢などによって質の低下を起こします。

 

 

これが、具体的な

「卵子細胞や精子細胞の老化」

「卵子や精子の質の低下」

と呼ばれる状態ということです。

 

酸化や加齢などによるミトコンドリアの質の低下については

次回、詳しく書いていきたいと思います。