高齢出産 ミトコンドリアとは

高齢出産という観点でミトコンドリアの老化について調べていくにあたり、

まず、ミトコンドリアとはどういった役割を担っているか、

どういう状態が望ましいか、その辺りを書いてみたいと思います。

ミトコンドリアは人の細胞に存在する小器官です。

私たちの体はおよそ60兆個もの細胞からなりたっています。

その細胞が本来の働きをするためのエネルギーや、

古くなった細胞を新しくする新陳代謝に必要なエネルギーを産み出しているのがミトコンドリアです。

ミトコンドリアは細胞一つあたりに数百個から数千個存在し、私たちが活動するために必要なエネルギーの90%をまかなっています。

そのためミトコンドリアの質が悪くなったり数が減ると、老化やがん、免疫低下、肥満、また、不妊症など様々な不調をきたします。

つまり、健康を維持するには、質の良い活発なミトコンドリアを維持し増やすことが必要となります。

ミトコンドリアは、毎日食事から摂っている栄養と、呼吸から得た酸素を原料に、

ATP(アデノシン三リン酸素)という細胞を動かすためのエネルギーを産み出します。

しかし、ミトコンドリアは加齢や生活習慣により徐々に数が減り質も低下していきます。

年齢とともに基礎代謝が低下して太りやすくなってしまうのもそのためです。

呼吸で得た酸素の90%はミトコンドリアに取り込まれエネルギーに変換されますが、その過程でごくわずかに活性酸素が排出されます。

ところが質の低下したミトコンドリアはエネルギー効率が悪く大量に活性酸素を排出してしまうのです。

活性酸素は強い毒性を持っています。

それによって酸化しミトコンドリアの質が低下すると、細胞が本来の働きをできなくなり、新陳代謝の能力も低下して老化が加速します。

その結果、不妊症やがん、免疫低下、肥満など様々な不調をきたしてしまうのです。

高齢出産になると「妊娠しづらい」とか「遺伝的なリスクが高まる」というのは、こういうメカニズムから起こるというわけです。